つながろう!ママの応援サイト『miccu-fan(みっく・ふぁん)』

絵本コーディネーター・色育インストラクター 
『もりのえほん』

絵本コーディネーター・色育インストラクターのカッキーです。
http://ameblo.jp/alyssaerika/

ご紹介するのがとても遅くなってしまいました。
先日、94歳でお亡くなりになりました安野光雅さんの絵本のご紹介です。


『もりのえほん』
作:安野光雅
出版社:福音館書店

この絵本 文字がない絵本なのです。
文字がなくても、読み応えは充分にあります。

森の中にいるかのような、
自然でやさしい絵の中をよ~くみてみると…

何がみえてくるかは、絵本をご覧になってみてくださいね!

安野光雅さんにお会いしたことがないのですが、
是非、おあいしてお話を聞いてみたかった作者さんのひとりです。

原画の展覧会には何度か伺い、
やさしい穏やかな方ではないのかな?
なんて、勝手に妄想しておりました。

若いころ、小学校の美術の先生をされていらしたそうで、
私の住む三鷹でも教えていらっしゃったことがあるそうです。
このことを知ったときに、勝手に親近感を覚えた私(笑)でした。

美術だけでなく科学や数学などにも精通されていらしたそうです。

35歳で絵本作家デビューされ、以来多くの素晴らしい絵本を出版されました。

安野さんの作品のほかには、
『旅の絵本』シリーズ
さんすうの絵本
だまし絵の絵本など
多種多様な絵本があります。

安野さんの作品をご紹介するにあたり、
どの絵本を選ぼうかとても悩みました。

『旅の絵本』シリーズも好きなのですが、
この『もりのえほん』が一番ですね。

優しい森の絵のなかを、よーく眺めてみるとどんどん見えてきます。

最後に、答えあわせもありますが、
勝手に動物を思い描いて、見つけてもよいかと思います。
とても緻密な絵本です。

安野さんの訃報を悼んで朝日新聞に
谷川俊太郎さん ヨシタケシンスケさん
阿川佐和子さんが想いを語られた記事が掲載されました。


こちらで
絵本作家のヨシタケシンスケさんが、
安野さん作品のことを「品良いユーモア」
と書かれていますが、まさにその通りかと思います。

安野さんの絵本は、お子さんから大人まで、
大人のほうが楽しめる絵本が多いかもしれません。

いろいろな絵本が出版されていますので、
この機会に是非、手にとってみてください!
絵本の幅広い世界に触れること、間違いなし!です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

by カッキーこと 柿沼 玲子



My BLOG


カッキー
絵本コーディネータ・色育インストラクター姉妹のママです。

ブログ記事検索

フリーワード

miccu-fan を検索
■過去記事一覧はこちら

miccu-fan Presents

miccu-fanイベント一覧
ツリマ 足立区北綾瀬ぴーくんガーデンにて毎月開催
埼玉 越谷レイクタウンmori 3階水の広場横にて毎月開催
~であう・つながる~えがおのいばしょ@中野にて毎月開催
しあわせじかん  千葉県東松戸ヒルズにて毎月開催
つくば つくば市二の宮BOKETTOにて2か月に1度開催
企業出展をご希望の皆様へ

『miccu-fan(みっく・ふぁん) マガジン』

お役立ちコラム



↑ PAGE TOP