つながろう!ママの応援サイト『miccu-fan(みっく・ふぁん)』

絵本コーディネーター・色育インストラクター 
『三びきのやぎのがらがらどん』

絵本コーディネーター・色育インストラクターのカッキーです。
http://ameblo.jp/alyssaerika/

今回は小学6年生の私の子どもが選んでくれた絵本をご紹介します。

何か紹介したい絵本ない?と、聞いたところこの絵本を紹介してくれました。

『三びきのやぎのがらがらどん』
作:ノルウェーの昔話
絵:マーシャ・ブラウン
やく:瀬田貞二
出版;福音館書店

先日、子どもが、年長さんに絵本を読む機会があり、
「年長さんからリクエストが多かった絵本で、
読んでいても楽しかった!」そうです。

この絵本は、誰もが目にしたことのある絵本の1冊ですよね。

三びきのやぎは、山へ草を食べに行く途中、川がながれているので、
橋を渡ることにしましたが、橋の下には恐ろしい化け物がいるのです。
そこで、ちいさな「がらがらどん」から渡ることにしました。

トロルが怖く描かれていますが、怖いもの見たさで、何回も読んでみたくなる名作絵 本です。

学校で、「3回くりかえす事で、話の印象が強くなるんだって、
だから三匹なんだって!」と聞いてきたことを教えてくれました。

「3」って、お話でよく出てきますよね。

この絵本、
ノルウェーの民話を、瀬田貞二さんが素敵な日本語に訳してくださっています。
絵は、アメリカの絵本作家マーシャ・ブラウンさんで2年前に亡くなられましたが、
たくさんの絵本を描かれています。

そして驚くべきは、絵本の内容で絵の作風をかえて描かれているそうです。
機会があれば、マーシャ・ブラウンさんの絵本を何冊か読まれてみてください。

最後に豆知識ですが、
ジブリ映画の『となりのトトロ』のエンディングで、
布団の中でサツキちゃんとメイちゃんがお母さんにこの絵本を読んでもらっていま す。
選ばれし1冊ですね。

この絵本を勧めてくれた子どもを見直しました。
(少し親ばかですが・・)

次回も素敵な絵本を紹介しますね。

毎月1日・15日に更新しています。



My BLOG


カッキー
絵本コーディネータ・色育インストラクター姉妹のママです。

ブログ記事検索

フリーワード

miccu-fan を検索
■過去記事一覧はこちら

miccu-fan Presents

miccu-fanイベント一覧
企業出展をご希望の皆様へ
『miccu-fan(みっく・ふぁん) マガジン』
大地宅配

お役立ちコラム





↑ PAGE TOP