つながろう!ママの応援サイト『miccu-fan(みっく・ふぁん)』

絵本コーディネーター・色育インストラクター 
『しろくまちゃんのほっとけーき』

絵本コーディネーター・色育インストラクターのカッキーです。
http://ameblo.jp/alyssaerika/

「絵本 de miccu-fan」
今回ご紹介する絵本は、これしかありません!


『しろくまちゃんのほっとけーき』
作:わかやま けん
出版社: こぐま社

ご存知の方もいらっしゃるかとおもいますが、
作者の わかやま けん(若山 憲)さんが2年前に亡くなっていたそうです。

2001年まで執筆活動をされていたそうですが、
パーキンソン病を患われて療養中だったそうです。

ご本人の遺志に基づき死去が伏せられて、
2017年7月大分県宇佐市で開催の原画展で公表され、
新聞などで報道されたということです。

死去を伏せられたと聞いた時は、
きっと、作品を、作品を手に取る人を大切に思われてのことだと思いました。
作品は、永遠に残りますものね。

さて、『しろくまちゃんのほっとけーき』は、1972年に発行されました。
ちょっと前にお子さんだったみなさんもとても懐かしい絵本の1冊ではないでしょうか?

私は、ほっとけーきを焼く手順の見開き場面が大好きです。

ぽたあん

どろどろ

(一部省略)

まあだまだ

などなど、擬音語がいいですよね。

高校生になる娘も、
今回の訃報を知り、「あの絵本の焼いているところで、いつも、ほっとけーき食べたかった!」と、言っていました。

これを聞くまで娘がそう思っていたとは知らなかったのですが・・・。
絵本の楽しい記憶は、残るものですね。

しろくまちゃんは、卵をおとしたり、いろいろと失敗しますが、おいしくできあがり。
最後は、こぐまちゃんも一緒にたべて、お皿を洗ってお片付けもします。
失敗しながらも作って、友人と味わい、片づけを最後までする!

とても大切なことが、やさしく教訓めいていないのは、このイラストの凄さでもあります。

「こぐまちゃんシリーズ」は、15冊にもなるそうです。
この機会に、手にとってみてくださいね!

そして、素敵な絵本を読み継いでいきたいものですね・・・。

わかやま けんさんのご冥福をお祈りします。

次回も素敵な絵本をご紹介します。

毎月1日・15日に更新しています。



My BLOG


カッキー
絵本コーディネータ・色育インストラクター姉妹のママです。

ブログ記事検索

フリーワード

miccu-fan を検索
■過去記事一覧はこちら

miccu-fan Presents

miccu-fanイベント一覧
企業出展をご希望の皆様へ
『miccu-fan(みっく・ふぁん) マガジン』
大地宅配

お役立ちコラム





↑ PAGE TOP