つながろう!ママの応援サイト『miccu-fan(みっく・ふぁん)』

「栄養士ちぐさの食のハコ」 
「たんぱく質って」

こんにちは。栄養士ちぐさです。

前回五大栄養素のひとつである糖質について書きましたので、今回はたんぱく質について書きたいと思います。

たんぱく質については以前にも「第一のもの」というタイトルで書きました。

生命にとって第一のもの、という言葉が語源になっているたんぱく質。

どれだけ重要な栄養素かはそれだけで伝わりそうですが、読んでくださった方でたんぱく質を改めて意識するようになった方はどれくらいいらっしゃいますか?

もしそれを続けてくれていたとしたら、
きっと身体や心の状態に変化を感じていると思います。
1年2ヶ月ほど前に書きましたので、その頃から今では骨以外の殆んどの細胞が生まれ変わっています。
骨でさえ2年で全ての細胞が新しくなると言います。

骨、内臓、血液、脳、ホルモン、筋肉、神経、皮膚…
ほぼ全てと言って良いほど、全身がたんぱく質を必要としています。

大切なのはどんな材料が使われているのかってこと。
材料とはもちろん毎日のお食事です。

たんぱく質の必要量は体重1キロ当たり約1.2グラムです。
成長期である子どもの場合は1キロ当たり倍必要になります。
ぜひ一度計算してみてくださいね。笑

必要量とは最低限必要ってことです。
どのくらい食べられているでしょうか?

脂身の少ない肉や魚でも100グラム食べて、含まれるたんぱく質は20~25グラム程度。 卵1個で5グラム、納豆1パックで7グラム程です。

大豆などの豆類や豆製品、牛乳や乳製品にも含まれますが、それらを合わせても必要量を毎日摂るのはなかなか大変。

そもそも肉などの動物性食品は食べ過ぎるとコレステロール値が上がったり、腸内で腐敗したりするから控えているなんて方も少なくないかもしれません。

もちろん食べ過ぎは良くありません。

ですが、たんぱく質だけでなく動物性食品のみに多く含まれるビタミンやミネラルもあるので、3食のどこかには必ず取り入れて欲しいなと思います。

肉や魚を食べるときのポイントは、野菜を一緒にたくさん食べることです。
これだけでも栄養バランスが良くなりますし、コレステロール値や腸内環境へのダメージもかなり違ってきますよ。


実はわたし、今後ある方と一緒に食や健康についての講座やお料理教室を定期的に開催する予定なんです。

食についてもっと詳しく知りたい方や、会って直接話を聞いてみたい!と思ってくださる方はフェイスブックやコラムに情報を載せていきますので、ぜひご参加くださいね。
今後も少しでも皆さまの元気と笑顔のお役に立てますように。

ではまた次回もお楽しみに。



笑顔Cookiing 栄養士ちぐさのブログ
http://ameblo.jp/chigusa-s/

食のこと、子育てのこと、気分転換に行くランチのことなど気ままに書いてます。
良かったらのぞいてみてください。



My BLOG


栄養士ちぐさ

ブログ記事検索

フリーワード

miccu-fan を検索
■過去記事一覧はこちら

miccu-fan Presents

miccu-fanイベント一覧
企業出展をご希望の皆様へ
『miccu-fan(みっく・ふぁん) マガジン』
大地宅配

お役立ちコラム





↑ PAGE TOP