つながろう!ママの応援サイト『miccu-fan(みっく・ふぁん)』

「栄養士ちぐさの食のハコ」 
「5大栄養素、残る2つは…」

こんにちは。栄養士ちぐさです。

5大栄養素シリーズ、糖質、たんぱく質、脂質と書いて参りましたが、残る2つはビタミン、ミネラルです。
振り返ってみたところちょうど一年前にも書いておりました。笑

なので、今回は視点を変えてさらに第6第7の栄養素についてお話したいと思います。

ビタミン、ミネラル、種類がたくさんあり必要量は微量。されど侮れない栄養素です。

エネルギー源を摂ってもビタミン、ミネラルがなければエネルギーに変換することができません。

また、たんぱく質や脂質などからだの材料になるものを摂っても、やはりこれもビタミン、ミネラルがなければ行き場をなくしてしまいます。
とくにミネラルに関しては体内で作られないので外から補うしかないのです。

では、どう補っていけば良いのでしょう?

答えはそんなに難しいことではありません。

食べ物を丸ごと全部頂くことです。

米は糠を全て取り除きでんぷんである白米に
し、野菜は栄養がたっぷり含まれる皮をむき、魚や肉は添加物まみれの練り製品にして…
そんな風にして食べていたのではあまりにアンバランス過ぎます。

米はできれば玄米を。
野菜は皮ごと丸ごと食べる。
魚や肉は形あるものを調理して食べる。

そうやって頂くだけで栄養価はグッと増します。

第6の栄養素は食物繊維、第7の栄養素はファイトケミカルなどと言われていますが、これらも食べ物を丸ごと食べることで摂取することができます。

食物繊維はひとのからだでは分解できない成分で、毒素の排泄や余分な糖質の排泄を促してくれます。
腸内細菌のエサにもなってくれるので欠かさず摂って欲しいものです。

ファイトケミカルは植物の色や香りに含まれる成分で、体内に発生する活性酸素を無毒化してくれる働きがあります。
代表的なものでは、β-カロテン、リコペン、アントシアニンなど。

ビタミン、ミネラルも食物繊維やファイトケミカルも、野菜や果物の場合はお日様をいっぱい浴びる外側ほど含まれる量が多いです。

マクロビオティックの教えに「一物全体」なんて言葉がありますが、ひとつのものはそれ全部でバランスが整っているのです。

なるべく皮ごとまるっと頂きましょう。

ただ、残念なことに多くの作物には農薬や化学肥料が使われています。

その場合は皮ごと食べることによって薬品を多く取り込んでしまうことにもなりかねません。

有機栽培のものを選べば良いのですが、日本はまだまだ衛生面や見た目の良さを重視する傾向にあり、有機栽培の作物が少ないのです。

農薬や化学肥料を使わず育てるにはその分手間ひまがかかっているため値段も上がってしまいます。
安さで食材を選んでいると、買い手の少ない有機作物はますますお店から減る一方。

なんだか話が逸れてしまったように思いますが、自然に近い状態で育ったものほど食物のもつエネルギーや栄養価は高いと思うんです。

ぜひ、どんな風に育てられたか、どんな想いが込められているのかなども気にして選んでみてください。

からだに良い作物ほど、手間ひまがかかり値段も上がってしまうという矛盾した世の中ですが、食べ物にかけるお金は言わば将来のからだへの投資です。

急がば回れ。

まずは買い手が求めて売り手を変えていきましょう。

話戻ってビタミン、ミネラル。
毎食有機栽培の野菜や果物をたっぷり食べられれば良いのですが、どうしてもそれは叶わずわたしも家族もオーガニックサプリで補っています。

質の良いサプリメントなら、今はそれもひとつの手かなと思います。

我が家ではビタミン、ミネラル、たんぱく質、脂質、からだに良いもの一気に摂っちゃおうと欲張りスムージーも作って飲んでますよ。


先日スムージー講座を開いたのですが、好評だったのでリクエスト募集中。笑
出張講座もいたします。

ともあれ家族の健康を守るため、母はあの手この手で頑張るしかないですね!

今後も皆さんのお役に立てる情報は惜しまずシェアさせていただきたいと思っています。

ではまた次回もお楽しみに。



笑顔Cookiing 栄養士ちぐさのブログ
http://ameblo.jp/chigusa-s/

食のこと、子育てのこと、気分転換に行くランチのことなど気ままに書いてます。
良かったらのぞいてみてください。



My BLOG


栄養士ちぐさ

ブログ記事検索

フリーワード

miccu-fan を検索
■過去記事一覧はこちら

miccu-fan Presents

miccu-fanイベント一覧
企業出展をご希望の皆様へ
『miccu-fan(みっく・ふぁん) マガジン』
大地宅配

お役立ちコラム





↑ PAGE TOP