つながろう!ママの応援サイト『miccu-fan(みっく・ふぁん)』

「栄養士ちぐさの食のハコ」 
「三つ子の魂百まで」

こんにちは。栄養士ちぐさです。

梅雨明けのカラッと夏空が待ち遠しい今日この頃。

2歳の末娘は、4月から通い始めた保育園にもようやく慣れ、会話こそ出来ないものの、
「〇〇したのー?」や「楽しかった?」の問いかけに笑顔を見せてくれ、なんだか成長を感じています。

2~3歳と言えばもれなくイヤイヤ期の突入…
自己主張がはっきりしていて、なんでも自分でやるー!の主張に悩まされることもありますが、3人目にしてやっと気持ちの余裕をもって子育て出来るようになったかなーと思います。

「三つ子の魂百まで」と言いますが、3歳までの子育てをとても大切に考えています。
関わり方もそうですが、一番は腸内環境を整えることです。

身体の健康はもちろん、心の健康をも左右する腸内環境。
3歳までに培った健康は生涯の糧となってくれると言っても過言ではありません。

腸内細菌叢(腸内フローラとも言われますね)は3歳くらいまでに出来上がり、その後大きく変わることはないそうです。

心も身体も健康でいるためには腸内細菌がバランスよく住み着いて腸が健康な状態であればこそ、なのです。

腸ってほんとに大事。

ちなみに末娘は今のところ塗り薬も含め一度も薬を使ったことがありません。
薬を使うと腸内細菌や皮膚常在菌など、カラダを支えてくれている菌たちにまでダメージを与えてしまうから。
薬については最後の最後のお守り、くらいに考えています。

ただ、日中の環境や水が変わったからか、去年は全くなかったあせもに悩まされています。
治りかけても痒くてまたかいてしまうので、なかなか治らず…
夏本番までに何とか治せたらと試行錯誤中です。

今このときだけでなく、大人になってもおばあちゃんになってもなるべく健康面で苦労しないように。が、母の願いです。

この頃は親子で自然と触れ合う時間を増やすようにも心がけています。

海や川で遊んだり花や緑に触れていると、不思議と表情が緩んで穏やかな気持ちになれるのは、きっとカラダが自然を求めているからなのかなって。

自然の中にいる菌たちに触れることや、リフレッシュすることでも腸内フローラは育まれるのです。

幼い頃、とくに3歳までになるべく自然とたくさん触れ合い、将来の健康に繋げていきましょう。

テレビやゲームから離れ自然の中で親子で過ごす時間は、案外意識しないと作れないものですが、月に一度でもそんな時間を作れたら良いなと思っています。



花や緑に囲まれている方が、家にいるよりずっとのびのびしている末娘ちゃん。

みんな、健やかに育ってね。

ではまた次回をお楽しみに。



笑顔Cookiing 栄養士ちぐさのブログ
http://ameblo.jp/chigusa-s/

食のこと、子育てのこと、気分転換に行くランチのことなど気ままに書いてます。
良かったらのぞいてみてください。



My BLOG


栄養士ちぐさ

ブログ記事検索

フリーワード

miccu-fan を検索
■過去記事一覧はこちら

miccu-fan Presents

miccu-fanイベント一覧
企業出展をご希望の皆様へ
『miccu-fan(みっく・ふぁん) マガジン』
大地宅配

お役立ちコラム





↑ PAGE TOP