つながろう!ママの応援サイト『miccu-fan(みっく・ふぁん)』

「栄養士ちぐさの食のハコ」 
「子どものおべんとう」

こんにちは。栄養士ちぐさです。

長い夏休みも終わり、ようやく通常営業に戻りましたね。

お弁当生活から解放された方やお弁当生活に戻った方などいると思います。

春や秋の新学期というと、お弁当が浮かびます。

秋は運動会や遠足があるからなおさらでしょうか。

以前何度かお教室でお弁当作りもしたことがあるのですが、お子さんのお弁当に悩むっていう声をよく耳にします。

わたしは幸い毎日のお弁当生活はまだ経験したことはありませんが、たまにのお弁当でもやっぱり悩みます。

可愛くキャラ弁など作れるお母さん、本当に憧れます。
わたしには無理だなぁ…笑

なので中身重視!

何となくですがわたしなりのルールを作っています。

まず主食。(我が家はほぼお米です)
次にたんぱく質源になる食材を2種。(例えば、お肉とツナ缶、卵と厚揚げなど)
そして、野菜やフルーツを4~5種類。(きのこや芋類、海藻類も使いましょう)

これだけでかなりバランスは整うかなーと。

あとは彩りを見て4~5色あるか、毎日同じ食材になっていないかを気にしていけば、食材選びはそれほど悩まなくても大丈夫。

ちなみに、食材を5色のグループに色分けしますと…

肉、トマト、にんじん、赤ピーマンなど。
黄色
卵、チーズ、かぼちゃ、さつま芋など。

青菜、いんげん、ブロッコリーなど。

白身魚、いか、大根、じゃが芋、など。

ひじき、昆布、海苔、きのこなど。

となります。
(食材5色バランス健康法より)

お昼ごはんは子どもにとって1日の中で一番たくさん食べるお食事に当たると思います。
栄養バランスも気にしてあげられるステキな母になりましょう!

お弁当の場合、調理法はお子さんが毎日食べるものであればシンプルな調理で十分だと思います。

お肉やお魚は焼く、炒める。
野菜は煮る、和える。

ごまや青のり、塩昆布などを常備しておくと便利です。
仕上げにサッとふりかけるだけで、色を増やせるだけでなく栄養価もアップできますね。

我が家では無水鍋を使っているので、1~2人分のお弁当であればひと鍋で一気に作れてしまいます。

お弁当生活を送っている方にはこんな調理法もすごーくオススメ!

毎日のことならば少しでもラクして楽しく続けられたら良いですね。

なんだかわたしも、爽やかな秋空の下でお弁当が食べたくなっちゃいました。笑

ではまた次回をお楽しみに


笑顔Cookiing 栄養士ちぐさのブログ
http://ameblo.jp/chigusa-s/

食のこと、子育てのこと、気分転換に行くランチのことなど気ままに書いてます。
良かったらのぞいてみてください。



My BLOG


栄養士ちぐさ

ブログ記事検索

フリーワード

miccu-fan を検索
■過去記事一覧はこちら

miccu-fan Presents

miccu-fanイベント一覧
企業出展をご希望の皆様へ
『miccu-fan(みっく・ふぁん) マガジン』
大地宅配

お役立ちコラム





↑ PAGE TOP