つながろう!ママの応援サイト『miccu-fan(みっく・ふぁん)』

「栄養士ちぐさの食のハコ」 
「おやつは補うもの」

こんにちは。栄養士ちぐさです。
小さい頃、母が時々焼いてくれるホットケーキが大好きでした。

お皿いっぱいの大きな焼き立てホットケーキにバターと少しのメープルシロップ。
子どもながらに見ているだけで幸せな気持ちになったのと、たまにのお楽しみだったのでとても嬉しかったのを覚えています。

ケーキにアイスにチョコレート…
今ってたまにのお楽しみで良いようなおやつが溢れていて、いつでも気軽に買って食べることができてしまいます。
でも、スペシャルなおやつはたまーに食べるからスペシャルなわけで、日々のおやつはもっと素朴で良いのです。
本来子どもにとってのおやつは、補食を意味します。

成長がめまぐるしい育ち盛りの時期は、三度の食事ではなかなか必要な栄養素を取りきれません。
だからおやつで補うのです。
軽食と言ったらピンとくるでしょうか。

おやつと言うと、甘い物やスナック菓子のようなイメージになりがちかもしれませんが、子どもにとってのおやつは軽食をイメージしましょう。

我が家の定番おやつは、おにぎり、焼き芋、プロテインです。

プロテインは筋肉ムキムキになりたい人だけが飲むものではありません。
プロテイン、イコールたんぱく質。
たんぱく質は、健康でいるためにも成長するためにも欠かせない大切な栄養素なのです。

我が家では大豆のプロテインにメープルシロップときな粉で味をつけて飲んでいます。
食事だけではなかなか必要量が摂れないので、とくに意識していたら今では子どもたちが自分で作って飲むようになりました。

おにぎりの場合は、しらすや昆布などミネラルを含む食材を具にするのがお勧め。
ミネラルも成長に必須の栄養素です。

そして、たまにのお楽しみおやつも手作り出来たら良いですね!

手作りだったら、豆腐や野菜を使ってヘルシーにすることも出来ますし、お子さんと一緒に作れば苦手食材克服のきっかけにもなるかもしれません。

我が家で一時ブームだったのが蒸しパン。
小麦粉の代わりに米粉を使ったり、野菜や果物を入れたりと色々試しましたよ。



今月3歳になる末娘もお手伝いが大好きなので、一緒に作ろうと誘うと喜んでやっています。
食材を見て触れて、それがどうなるのかを自分の目で確かめて、そして食べる。

一番の食育なのかなぁって思います。

幼い頃から料理に携わる経験が多いほど、きっと食への興味も湧きますよね。

どんなものを食べてどんな風に身体が作られていくのかを身をもって感じ、食材そのものを味わうような素朴な食事を最高のごちそうと思える子に育ってくれたら幸せです。

「食ることは生きること」

素朴なおやつを喜んで食べてくれるようになれば、味覚も乱れないので三度の食事もより美味しいと感じられる子になるはずです。
そう考えると、好き嫌いなくモリモリ食べれるようになるきっかけはおやつにあるのかもしれませんね。

ゆで大豆を油で炒めてカレー粉で味をつけるだけの簡単おやつや、野菜やハムなどを入れたおかず蒸しパンなどもお勧めです。

明日のおやつからぜひ試してみてください。

ではまた次回をお楽しみに。


笑顔Cookiing 栄養士ちぐさのブログ
http://ameblo.jp/chigusa-s/

食のこと、子育てのこと、気分転換に行くランチのことなど気ままに書いてます。
良かったらのぞいてみてください。



My BLOG


栄養士ちぐさ

ブログ記事検索

フリーワード

miccu-fan を検索
■過去記事一覧はこちら

miccu-fan Presents

miccu-fanイベント一覧
企業出展をご希望の皆様へ
『miccu-fan(みっく・ふぁん) マガジン』
大地宅配

お役立ちコラム





↑ PAGE TOP