つながろう!ママの応援サイト『miccu-fan(みっく・ふぁん)』

「栄養士ちぐさの食のハコ」 
「Happy Valentine's Day」

もうすぐバレンタインですね。

正直私自身はもうあまり関係ない年齢ですが。笑
娘たちは手作りを渡したいというので、毎年バレンタインが近づくと今年は何を作ろうかと作戦会議をします。

長女のお得意はブラウニー、次女はチョコチップクッキー。
私は横で口を出す程度で、ふたりともだいぶ手際よく作れるようになりました。

子どもの頃は手作りが多いのに、大人になるとあまり作らなくなりませんか?
渡すお相手にもよるかとは思いますが、せっかくなので手作りして欲しいなって思います。

手作りの良さは、想いを込められるだけでなくカラダを想いやったお菓子を作れるところ。
世間一般では、砂糖の害というと太るとか虫歯になるとかぐらいですが、実はそれだけじゃないんです。
血糖値を急激に上げてしまう砂糖(とくに白砂糖)は、心身に様々な影響を与えます。

代表的なものとして、
怒りっぽくなる。すぐにイライラする。
不安になる。落ち着きがなくなる。
肌や血管をボロボロにしてしまう。
悪玉菌のえさになり腸内環境を悪化させてしまう。
アレルギーやアトピーを悪化させやすい。
眠りが浅くなってしまう。
などなど。

私自身、本当は甘い物が大好きでカフェなどのスイーツにもすぐに心惹かれてしまいますが。
バレンタインに渡すお菓子も、手作りならカラダに良い食材をプラスしたり、砂糖を控えめにすることも出来ますね。

娘たちも砂糖の害は知っているので、ドライフルーツやナッツを使ったり、砂糖の量は減らしたりと工夫して作っています。

ケーキの場合、普通はオーブンで焼くので水分をキープするために砂糖をたくさん入れるそうなのですが、我が家のケーキはお鍋で蓋をして焼くので砂糖の量は少なくてもパサパサになりません。

ちなみに、私の定番はミューズリー入りのおからケーキとお豆腐ティラミス。
バレンタインシーズンのお教室でも好評だった2品です。


いまはヘルシー志向のスイーツや糖質制限のレシピも探せばたくさんあります。

今年はそんな工夫と愛情たっぷりの手作りスイーツでバレンタインを迎えてみてはいかがでしょう。

ではまた次回をお楽しみに。



笑顔Cookiing 栄養士ちぐさのブログ
http://ameblo.jp/chigusa-s/

食のこと、子育てのこと、気分転換に行くランチのことなど気ままに書いてます。
良かったらのぞいてみてください。



My BLOG


栄養士ちぐさ

ブログ記事検索

フリーワード

miccu-fan を検索
■過去記事一覧はこちら

miccu-fan Presents

miccu-fanイベント一覧
企業出展をご希望の皆様へ
『miccu-fan(みっく・ふぁん) マガジン』
大地宅配

お役立ちコラム





↑ PAGE TOP