つながろう!ママの応援サイト『miccu-fan(みっく・ふぁん)』

「栄養士ちぐさの食のハコ」 
「真冬も元気に」

こんにちは。栄養士ちぐさです。

雪がちらほら舞ったり、息が真っ白になったり、とにかく寒いこの季節。
寒いのは大の苦手な私。
できることなら冬眠したいとさえ思うことも…笑

寒いだけなら良いのですが、以前はひどい冷え性や低体温に悩まされたこともありました。
「冷えは万病のもと」
冬を元気に乗り越えられるかどうかは、カラダを冷やさないことがポイントになってくるのかもしれませんね。

風邪などで熱をだしたとき、平熱から3~4度上がったとしてもそれだけが原因で命をおとすことはまずないでしょう。
しかし、平熱から3~4度下がってしまったら間違いなく命に関わります。

また、体温が1度下がるだけで、排せつ機能低下、自律神経失調、アレルギー症状が起こりやすくなると言われています。
ガンが増殖しやすいのも体温が低いときです。
人の体は冷えに弱いのです。

東洋医学では、風邪、胃腸炎、アレルギー、貧血、心疾患など色々な病気が冷えと関係していると言われています。
さらに、気冷えという言葉があるように、心の状態にも影響していて、体温が低いと自律神経の指揮がくずれやすくなってしまうのです。

確かに体がぽかぽか温かいときは心地よく、心も穏やかでいられるように思います。
体を動かしたあとなどに体温が上昇しているときも、悪いものを追い出し体がすっきり綺麗になっていくような爽快感がありますよね。

大人の場合平熱は36.4~36.7度、子どもなら36.6~36.9度あって普通です。
うちの娘たちは3人とも36.9度くらいです。

それが最近では、小学生でも平熱が35度台の子がいたり、若い女性などで低体温が多いというのを耳にします。

私も以前平熱が低かったときは、いま思えば肩こり、偏頭痛、疲れやすさなどなど不定愁訴のオンパレードでした。
病気とまではいかないまでも、ちょこちょこ体調不良に悩まされ、真冬は冷えがひどくて寝つけない日もあったほど。

36.4度前後を保てるようになった今ではすっかり良くなり、冷え性もかなり改善しました。

風邪が流行るこの時期とくに熱を出すことに敏感になってしまいますが、むしろ熱を出せる体は正常です。
菌やウィルスをやつけるために一生懸命熱を上げているのですから。

それよりも、冷えや低体温に気をつけてみてください。

私自身よく祖母から言われたことですが、手足やお腹を冷やさないこと。

それから体を冷やす食べ物はほどほどに。
コーヒー、緑茶、牛乳、ビール、白砂糖など。
南方で採れる水分の多い野菜や果物も主に体を冷やす食べ物です。

反対に、寒い地方で採れる野菜や根菜類、果物は体を温めます。
他にも黒豆、紅茶、赤ワイン、味噌など。

体質にもよりますので必ずしも当てはまるという訳ではありませんが、参考にしてみてくださいね。

あとはこまめなストレッチや足を動かす(歩く)ことも大切です。
無理な運動はかえって負担をかけてしまうこともありますので、普段あまり動かない方はまずストレッチを日課にすると良いと思います。

ご自身の普段の体温が分からないという方は、1週間ほど(できれば1日に2~3回)熱をはかり、平熱を知ることから始めてみてください。

いまもし体調不良があるとするなら、それは体からのサインであり必ず原因があります。
原因がわかればきっと解消法もみつかるはず!


関係ないですが、年末年始に連れて行ってもらった石垣島の写真。
自然が多くとても素敵なところです。
暖かくて心も体もぽかぽかと癒されてきちゃいました。

こちらはまだまだ寒い日が続きますが、身体を温め元気に過ごして参りましょう!


最後までお読みいただきありがとうございます。
また次回をお楽しみに。



笑顔Cookiing 栄養士ちぐさのブログ
http://ameblo.jp/chigusa-s/

食のこと、子育てのこと、気分転換に行くランチのことなど気ままに書いてます。
良かったらのぞいてみてください。



My BLOG


栄養士ちぐさ

ブログ記事検索

フリーワード

miccu-fan を検索
■過去記事一覧はこちら

miccu-fan Presents

miccu-fanイベント一覧
企業出展をご希望の皆様へ
『miccu-fan(みっく・ふぁん) マガジン』
大地宅配

お役立ちコラム





↑ PAGE TOP