つながろう!ママの応援サイト『miccu-fan(みっく・ふぁん)』

「栄養士ちぐさの食のハコ」 
「川をきれいに」

こんにちは。栄養士ちぐさです。

8月もあと少し。皆さま楽しい夏を過ごされましたか?
夏休みに川や海へ行かれた方も多いのでは…

いつだったか、娘が学校で川の勉強をしたそうで、私にも話してくれました。

川を汚すものの1位はあぶら、2位は牛乳だそうです。

よくお皿についたあぶらや汚れは拭き取ってから洗いましょうと言われますが、やはり流してはいけないものなのですね。
家庭からより工業用が多いのかもしれませんが。

なので1位は納得ですが、2位の牛乳は意外に感じました。

この話、
「川=水」って考えると
カラダにも当てはまるような…

体内の約70%は水分。



ギトギトしたあぶらや乳製品は体内を濁しているのかも…

あえてあぶらと平仮名で書いているのは、あぶらには油と脂の2種類があるからです。

油は植物や魚の油。常温でサラサラしているものです。
脂は主に動物性。常温でドロドロしていたり固まっていたりするものです。

水を汚すのは、おもに脂の方かと思います。

お肉など動物性食品の脂身は、牛や豚に比べて体温が低い人間のカラダでは溶けにくいと言われています。
摂りすぎると血管をつまらせてしまう原因になりますし、水に溶けないので体外に出にくいのです。
お肉はたんぱく質やビタミンBなどもたっぷり含まれる栄養価の高い食品ですが、食べる量と頻度はほどほどに。
逆に油の方は種類によってはカラダに必須なものなので、むしろ積極的に取り入れて欲しいと思います!

冷たい水の中を泳ぐ魚の油や植物の油はサラサラしていますね。
DHA、EPA、オレイン酸、α-リノレン酸などです。
これらはカラダの材料のひとつでもありますので、ぜひ日々のお食事に取り入れましょう。

あぶらについては語ると長くなってしまうので、詳しいことはまたの機会にさせていただき、

乳製品についてはどうでしょう。

我が家では、乳製品は嗜好品。
牛乳を飲むと背が伸びる…なんて言われていますが、毎日せっせと飲むということはうちではしません。
乳製品はあまり消化の良い食べ物、腸に良い食べ物とは言えないからです。

もちろん絶対ダメというわけではありません。
何事もバランスなので、なるべく色んな食材に目を向けて欲しいなって思います。

カルシウムで言うならば、ひじき、モロヘイヤ、小魚、納豆などもおすすめです。
カルシウムの吸収を助けるビタミンDを含む、しらす、鮭、卵、きのこ類を一緒に摂るとさらに良いですね。

どんな栄養も、この食材にだけ含まれる!とか、毎日〇〇を食べれば大丈夫!ではないのです。
流行りや固定観念にとらわれず、色んなものをバランス良く食べましょう。

と、川の話を広げてしまいましたが、最後までお読みくださりありがとうございます。

自然と人。色んなことで繋がっているのですね。

サラサラと流れる澄んだ川と綺麗なカラダをみんなで守っていきましょう。



最後までお読みくださりありがとうございます。
また次回をお楽しみに。


笑顔Cookiing 栄養士ちぐさのブログ
http://ameblo.jp/chigusa-s/

食のこと、子育てのこと、気分転換に行くランチのことなど気ままに書いてます。
良かったらのぞいてみてください。



My BLOG


栄養士ちぐさ

ブログ記事検索

フリーワード

miccu-fan を検索
■過去記事一覧はこちら

miccu-fan Presents

miccu-fanイベント一覧
企業出展をご希望の皆様へ
『miccu-fan(みっく・ふぁん) マガジン』
大地宅配

お役立ちコラム





↑ PAGE TOP